12/5(日)開催

日本サンゴ礁学会第13回大会 公開シンポジウム
 「サンゴ礁の生物多様性を支える分類研究とその展開」  


 今年は,国連が定めた国際生物多様性年であり,10月には生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)が日本で開催されるなど,生物多様性保全と利用への関心が高まっている。しかし,生物多様性をどのように把握するかについての議論は多くない。  
 
  生物多様性の保全と利用のためには、「どこに,どのような生物がどれくらいいるのか」を知ることが必要であり,その基礎をなすのは,生物を命名し,同定する分類学である。  
 
  最近になって,生物分類群やハビタットの多様性に注目した優先保全地域抽出の試みがなされ,また,日本近海が世界的に海洋生物の種多様性が高い海域であることが認識されつつあるが,同時に,相当数の未記載種や,日本でこれまでに分布が知られていなかった種の存在も判明している。日本のサンゴ礁においても例外ではなく,生物多様性について十分理解されているとは言えない。こうした現状を踏まえつつも,生物種のデータベースが整備され,地域や国,研究者らに広く活用される基礎情報となることは重要である。このような基礎情報の蓄積と活用により,サンゴ礁域における海洋保護区が設定されることで,生物多様性の保全と利用がより効果的になるだけでなく,分類学的研究がさらに進展 することが期待できる。  
 
  そこで,本シンポジウムでは,演者の方々に,サンゴ礁域の分類学を基礎とした生物多様性研究,ならびにサンゴ礁の生物多様性モニタリングと保全施策についての話題を提供していただき,これから日本のサンゴ礁域で生物多様性研究を進めていくための諸課題に,どのように取り組んでいくべきかについて議論したい。

企画者:加藤亜記(琉球大学熱帯生物圏研究センター)・安村茂樹(W WFジャパン)

●開催日時:2010 年12 月5 日(日)14:00〜16:30
●開催場所: 茨城県つくば市「つくばカピオ」 ホール(地図
 (高速バス「つくばセンター」、つくばエクスプレス「つくば駅」徒歩 7 分)
●参 加 費:無料
●主   催:日本サンゴ礁学会 (HP
●後   援:日本生物多様性観測ネットワーク (J-BON) (HP
●プログラム
1.趣旨説明

2.第一部 講演
  (1)藤倉克則 (海洋研究開発機構)
   :「日本近海にはどれくらいの生物がいるのか」
  (2)寺田竜太(鹿児島大学水産学部)
   :「サンゴ礁生態系における海産植物の種多様性と群落構造の特性,現状と課題」
  (3)藤田喜久(NPO法人海の自然史研究所・琉球大学大学教育 センター)    
   :「沖縄での種多様性研究とその成果を活かしたアウトリーチ活動の実践例」
  (4)荒牧まりさ(環境省自然環境局自然環境計画課)
   :「サンゴ礁生態系保全行動計画について」

  3.第二部 パネルディスカッション
         「サンゴ礁生態系の多様性モニタリングと保全施策への研究者の貢献」
   コメンテータ:杉原 薫(国立環境研究所)

     


●問い合わせ先:第13回大会実行委員長:国立環境研究所 山野 博哉
           TEL: 029-850-2477
●紹介HP(日本サンゴ礁学会HP)





海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内







copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)