7/19(月)開催

第7回 表浜エクスカーション Marine & Coastal Biodiversity
  〜海洋ミーティング in 田原〜  


 CBD/COP10 にてCBD市民ネット沿岸・海洋域の作業部会にて 7月17〜 19 日間に渡ってイベントを企画しております。 今、沿岸・海洋作業部会では海洋保護区 (MPAs) や総合沿岸域管理 (ICM) など、いろいろと具体的な課題・提言が進んでいます。 中部圏に於いても沿岸・海洋の課題は多く、出来る限り市民活動の成果を活かした良い事例(good practice)・教訓(lesson learned)を踏ま えて CBD/COP10 に提言したいと考えています。(沿岸・海洋作業部会ではポジションペーパー案を 6月30日までに提出します)
 総合沿岸域管理・海洋保護区に於いては遠州灘(表浜)は先駆的な実例もあるかと考えます。また、流域を含めた場合も重要でしょう。

 CBD/COP10 では10月23日が「オーシャン・ディ」として沿岸・海洋の課題に特化した日とし、「NAGOYAマンデート」宣言が成されます。 そこで、7月17日土曜日は東京にて CBD 事務局海洋担当官を招き、青山の地球環境パートナーシッププラザにて海洋シンポジウムを開催する予定です。 その後、7月19日に 講師にCBD 事務局海洋担当のジョイン・リー博士と参加者で田原市の文化会館にてミーティング、渥美半島を中心とした海域のエクスカーションを企画しております。 以上のような流にて、沿岸・海洋作業部会にご参加・協力頂ける方をこの中部圏で、ぜひともご招集頂きたいと考えています。 沿岸・海洋の保全に取り組んでいる団体・個人のみなさま、ぜひともご参加下さい。

●開催日時:平成22年7月19日(月)8:30集合
●集合場所:JR豊橋駅(東口駅前バス乗り場)
●開催場所: 田原市文化会館多目的ホール(アクセス
●参 加 費:3,800円(昼食、保険、資料代)
●主   催:NPO法人表浜ネットワーク(HP
        生物多様性条約市民ネットワーク(CBD市民ネット)沿岸・海洋作業部会
●共   催:生物多様性条約市民ネットワーク(HP
●後   援:環境省中部地方環境事務所 愛知県 田原市

●エクスカーション・コース:
 JR豊橋駅西口 → 表浜海岸(伊古部) → 久美原 → 赤羽根漁港東堤
  → 田原文化会館オーシャンミーティング → 田原市蔵王山(展望)
  → JR豊橋駅西口(着)

●オーシャン・ミーティング:
ファシリテーター:清野 聡子 九州大学大学院工学研究院環境都市部門 准教授
コメンテーター:吉田 正人 筑波大学大学院人間総合科学研究科世界遺産専攻 准教授
                 CBD市民ネットワーク共同代表
ナビゲート:田中 雄二 NPO法人表浜ネットワーク

●問い合わせ先:NPO法人表浜ネットワーク
           0532-21-1192 FAX 0532-21-1192
●紹介HP(NPO法人表浜ネットワークHP)





海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内







copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)