「海を伝えるキッズボランティア」 @マリンワールド海の中道
                                  
 最新の情報携帯端末「i-Pod touch」を活用して、 志賀島小学校の児童が水族館で自然の大切さを伝える、 「海を伝えるキッズボランティア」を行います。

  当館(マリンワールド海の中道)では、JST(科学技術振興機構)や文部科学省 (国立科学博物館)他の支援を受け、最新の情報携帯 端末を活用した、理科教育や自然学習に取り組んでい ます。授業で使用する携帯情報端末「i-Pod touch」 は、これまで国内における水族館と学校の連携学習で 取り入れた例はなく、学習ツールとしての使用は、学校教育のみならず、博物館教育や情報教育など、各方 面から、「学校教育と社会教育連携の近未来モデル」 として大きく注目されています。
  今回の「海を伝えるキッズボランティア」の学習は、事前に子どもたちが、水族館の生き物を解説する専用 のWebページをつくり、その後来館して、各自手にし た携帯情報端末を操作し、解説ボランティアとなって、 お客様に情報提供して交流する活動です。
  この学習に取り組む、東区の志賀島小学校(大森理恵 子校長)の5.6年生(26名)は、毎年、「総合的な学習 の時間」で地域の自然のすばらしさを学ぶ授業に取 り組んでいます。そこで今年度は、水族館を学習活動 の場として選び、1学期から、エビの飼育、情報端末 の操作練習、マリンワールド見学、生き物調べ、館員 の出張授業、テレビ電話の遠隔授業、Webページ作り、 地域の方々を招いて発表練習などを計画的に進めてき ました。そしてその集大成が、今回の「i-Pod touch」 を使っての解説ボランティア活動です。子どもたちは、 調べたことをお客様に上手に伝えることができるのか、 期待と不安でいっぱいですが、はたしてどんな頑張り を見せてくれるか、とても楽しみにしています。

●開催日時:2008年10月30日(木)9:30〜12:00
●開催場所:マリンワールド海の中道        
●参 加 者:福岡市立志賀島小学校 5.6年生 26名

●お問合せ:マリンワールド海の中道(HP
 福岡市東区西戸崎18-28 Tel 092-603-0400
 館長 高田浩二  学習交流課 三宅基裕



海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内







copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)