3/29(土)開催

平成19年度 千葉県立中央博物館シンポジウム
「砂浜の野鳥たちTー九十九里の景観とともにー」

 
  九十九里平野の海岸や水田地帯には、多くの野鳥が生息しています。 海水浴でおな じみの砂浜海岸には、シギ・チドリの仲間やカモメの仲間が生活しています。 海上 では、ミズナギドリやアホウドリの仲間がみられます。
  私たちは、約15年前から、 九十九里海岸で野鳥たちの生活を観察してきました。 本シンポジウムでは、彼らが生活する環境を九十九里 の景観を探りながら、紹介します。

●日   時:2008年3月29日(土)10:30〜15:00
●会   場:千葉県立中央博物館 講堂     
         〒260-8682 千葉市中央区青葉町 955-2
         TEL : 043-265-3111  FAX : 043-266-2481
●対   象:一般(中学生以上)
●受   付:10:20(先着200名)
●参加費用:無料
●内   容:
  座長:白井豊(環境教育研究科)
  10:30-10:35 「農村景観を歩く」(講座・観察会)から生まれた春の展示
           白井豊(環境教育研究科)
  10:35-10:55 九十九里浜低地の景観のでき方
           江口誠一(環境教育研究科)
  10:55-11:15 九十九里浜に生きる砂浜の植物たち
           由良 浩(環境科学研究科)
  11:15-11:35 九十九里浜の鳥類研究史
           三沢博志(船橋市中央図書館)
  11:35-11:40 木質プラスチックの環境学習教材、エコデコイ
        西野文智(千葉県環境生活部 バイオマスプロジェクトチーム)
          橋口朝光(千葉県産業支援 技術研究所)
          桑原和之(環境教育研究科)
 <休憩>
   座長:東郷なりさ(東京農工大学 地域生態システム学科)
 13:00-13:15 九十九里浜のアジサシ類
          桑原和之・箕輪義隆(千葉市野鳥の会・)
          白井妙生(日本大学動物資源科学科)
 13:15-13:30 千葉市の鳥、コアジサシ
          濱野一男(千葉市環境局環境保全部・環 境保全推進課)
  13:30-13:45 千葉県での海鳥観察の留意点
          箕輪義隆(水鳥研究会)
          桑原和之(環境教育研究科)
  13:45-14:00 九十九里浜の漂着鳥
          桑原和之・浅井秀彦(環境教育研究科)
          小田島 高之(山のフィールドムージアム)
          箕輪義隆・奴賀俊光・長屋ゆみ子・寺野淑 子
          (千葉市野鳥の会)
 <休憩>
  14:10-14:40 九十九里浜におけるミユビシギの生態
          奴賀俊光(千葉市野鳥の会)
  14:40-15:00 総合討論
  15:00 閉会

●詳   細:千葉県立中央博物館HP



海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内







copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)