8/3(日)〜8/8(金)開催

研究船で海を学ぼう 「調査研究船を使用した海洋科学体験研修」
 
  四方を海で囲まれたわが国では、海は古来より人々の生活と密着し、人との豊かな結びつきがありました。 しかし、現代の一般社会では、生活様式の変化とその利便性の向上から海との結びつきが薄れ、教育の面においても、それを学び知る機会は減少しています。  
  このような現代社会の背景から、将来における海洋科学の諸分野においても、これらを担う人材の確保が危ぶまれつつあります。  
  本事業は、これらを解決するための一助として、体験学習を通して海洋科学知識の普及活動を促進することにより、次代の海洋科学を担う人材を掘り起こし、秀でた人材の育成を図るとともに海洋科学の重要性を一般社会へ喚起することを目的としています。

●主  催:財団法人日本科学協会
●共  催:東海大学、日本海洋学会
●開催期間:平成20年8月3日(日)〜8月8日(金)
         (海上での研修は、2泊3日を予定)
●開催場所:静岡県静岡市
 1.東海大学清水校舎  静岡県静岡市清水区折戸3-20-1 [MAP]
 2.三保研修館      静岡県静岡市清水区三保2389 [MAP]
 3.望星丸         東海大学所有研究調査船
                (乗下船地)
                静岡県静岡市 清水港 [MAP]
●募集対象:高校生 60名
        学校教諭等 30名
●研究内容:
 船舶を利用した洋上研修及び陸上における採取試料の分析(気象・海象
  観測、プランクトン採取、採泥、海洋深層大循環の模型実験など)
●参 加 費:一人あたり10,000円
      (高校生には学割往復交通費支給)
●応募方法:
  郵便番号、住所、氏名(含ふりがな)、生年月日、性別、電話番号、
  E-mailアドレス及び下記項目を明記の上、作文とともに郵便かE-
  mailでお送りください。

 高校生:  "海"をテーマにした作文(600字前後)、在学校名、学年

 学校教諭等:  "この研修経験を今後の仕事や活動にどう生かしていき
         たいか"をテーマにした作文(600字前後)、職業(勤務先)

●募集期間:平成20年4月1日(火)〜5月15日(木)(必着)
●応募先・お問合わせ先:
 財団法人日本科学協会 業務部 「研究船で海を学ぼう」係
 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル5F
 TEL 03-6229-5365 FAX 03-6229-5369
 E-mail apply08@silver.ocn.ne.jp
 (なお、迷惑メール対策のため、メールアドレスの@を全角文字にしておりますので、予めご了承願います。)

●募集概要はこちら(日本科学協会HP)
●研修プログラムはこちら(日本科学協会HP)



海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内







copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)