12/2(日)開催

アジア・太平洋水サミットオープンイベント
『水でつながる大分、日本、アジア太平洋の生きものと人』のご案内


アジア太平洋水サミットを機会に、水と生きものと人の望ましい姿を考えました。それは、自然と人の暮らしが調和し、自然を壊しすぎずに何千年も水の恵みを享受してきた大分にありました。海川山の生態系や生物多様性の保全、その賢い利用が、水や自然と調和した農林水産業が続き、持続的発展を可能にしてきた鍵なのです。  
地域の水や生き物を大切にする先に、どんな世界があるのか、そのための努力や解決すべき課題は何か、人の活動や制度はどうしたらいいのか、を議論します。  
大分を中心に、日本の事例を加え、アジア太平洋とのつながりを提案します。ぜひ、ご参加ください。

『水でつながる大分、日本、アジア太平洋の生きものと人』
○開催期間:12月2日(日)9:00〜16:00
○主催:NPO法人水辺に遊ぶ会
     NPO法人おおいた生物多様性保全センター 
○共催:大分県
     東京大学清野聡子研究室 
○場所:大分県別府市 ビーコンプラザ「臨時会議室1」
○司会:清野聡子
     (日本水フォーラム技術顧問、東京大学大学院総合文化研究科)
○内容:
T部:9:30〜 「めぐる水 はぐくむ生命 つながる人びと」
     −中津干潟から発信する沿岸域の水環境保全とワイズユース−
1.豊前海沿岸の多様な水環境〜中津干潟を事例に(NPO法人水辺に遊  ぶ会 足利由紀子)
2.沿岸域の保全と利用をめぐる問題と課題 
  2-1 豊前海漁業の現状と課題(大分県漁協中津支店より漁業者)
  2-2生態系と発展のための水−日本における漁業分野の取り組み−
   (水産庁増殖推進部栽培養殖課 井上清和)
  2-3 アジアに見る漁業の現状と課題(FAO/IUCNより予定)
  2-4 瀬戸内海と国内にみる海ゴミ問題
    (クリーンアップ全国事務局 小島あずさ氏)
  2-5 海洋ゴミをめぐる国際的な取り組み(韓国海洋救助団 李鍾明氏)
  2-6 沿岸域の防災と環境保全〜市民参加型事業を例に 
3.総論 沿岸環境の保全と未来(WWF−J 花輪伸一氏)

U部:12:30〜「生物多様性の保全を目指して(仮)」
○基調講演
 「新生物多様性国家戦略」の見直しに関して
 (環境省生物多様性地球戦略 亀澤玲治氏)
○事例報告
1.湿地における生物多様性保全の取り組み
  (大分県景観自然室 工藤寛之氏)
2.宇佐・中津の溜め池群にみる植物種の多様性とその保全策を考える
 (NPO法人生物多様性保全センター 桑原佳子)
3.ベッコウトンボの保全と生物多様性
  (NPO法人生物多様性保全センター 倉品治男)
4.河川周辺環境の多様性を探る−テンを中心に
  (NPO法人生物多様性保全センター 足立高行)
○まとめ
 『生物多様性』という価値観がもたらす21世紀の日本の自然
 ((財)日本自然保護協会 大野正人氏)
  
V部:14:30〜16:00「アジア太平洋の水環境の保全・再生は地域から」
事例報告(順番は調整中)
@ 森 和恒(NPO 大山水環境アスリート 理事長)
「河川流量増加によるひびきアユの復活と地域環境再生の展望」
A 野村 譲(NPO 川や海を守り伝統を伝える会 理事長)
「定置網漁法による水深60mの沿岸環境モニタリングネットワークの提案」
B華明(中国:上海市蘇州河環境綜合整治領導小組弁公室高級工程師)
「蘇州河環境綜合整備プロジェクトの紹介」
C 陳 秀芝(上海市浦東新区九段沙湿地自然保護区管理署研究科科長)
「上海九段沙湿地自然保護区の紹介」
D ジャヤン・ミシュラ(インド アンダマンPondicherry 大学 准教授)
「インド アンダマン諸島における水循環の保全と沿岸の生物多様性保全」
E 萩谷 宏(武蔵工業大学)
「島の水循環の保全・再生ネットワークの提案
   −南太平洋における野外での水環境学習の一例」
総合討論
発表者、参加者との討論

○展示 
一村一品杵築女性会議
宝の海の女性たち 〜おおいたの水の美味しい食と輝く女性たち

アジア・太平洋水サミット
アジア・太平洋水サミットオープンイベント情報



海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内







copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)