10/28(日)開催

平成19年度兵庫地区地震津波防災総合訓練の開催について
〜住民避難から応急復旧までを想定した実践型の地震津波防災訓練を行います〜


東南海・南海地震の発生と津波の襲来に備え、地震・津波による被害の軽減を目指し、『平成17年度 大規模津波防災総合訓練』(和歌山県御坊市)、『平成18年度 大阪地区津波防災総合訓練』(大阪府堺市)に続き、兵庫県下において、地域住民及び防災関係機関・団体等が協力・連携して、『兵庫地区地震津波防災総合訓練』を行います。
地域住民、防災関係機関、団体、民間企業など約70機関、約2,000名が参加する大規模訓練となります。

○日時:平成19年10 月28日(日)9:00〜12:00
○会場:兵庫県芦屋市 南芦屋浜地区
○主催:国土交通省、兵庫県、阪神広域行政圏協議会、芦屋市

※本訓練は、『阪神広域防災訓練(阪神広域行政圏協議会)』及び『芦屋市防災総合訓練(芦屋市)』との合同開催です。

※また、同日の同時間帯に淡路地域で開催される、南海地震を想定した『淡路地域南海地震防災訓練(淡路地域南海地震防災訓練実行委員会)』とも連携して訓練を実施します。

詳細(PDFファイル)



海岸ニューストップに戻る

ニュースに記事を掲載希望の方へ
このページに海岸のニュースを掲載しませんか? 記事投稿の方法はこちらをご覧ください。≫投稿方法のご案内


copyright 2007: 海岸環境調査研究会(無断転載を禁じます)